大阪府柔道整復師協同組合は、共同購買、教育情報、リース事業、福利厚生、保険、金融など、トータル的に支援します。

初心忘れべからず

今年も残すところ数日となりました。この一年どうだったかなぁ…と考えたりもする頃です。
私はというと今月より事務所入りした新人。今年を振り返るどころか目の前の出来事に対応するのが精一杯。
初々しさからは程遠い新人ですが、気分はピカピカの一年生。毎日忘れかけた緊張感と刺激の中過ごしています。

気分だけでも若返らせてもらっています。今はまだ見えてる視野は狭いですが、一生懸命目を凝らして見ようとしています。

人の意見を聞こうとしています。

今年出会えた人に感謝し、初心忘れる事なく来年につなげたいと思っています。
皆様よいお年をお迎え下さい。

投稿者 協同組合事務局

12 月 28th, 2009 by ryoko | No Comments »
 

カールじいさんの空飛ぶ家

公開した次の日に見に行きましたひらめき電球
公開する前からCMなどの宣伝でずっと気になっていたので音譜
家族連れが多いかと思っていましたけど.カップルもいてましたグッド!
映画が始まると最後まで見入っていて.夫婦の絆や冒険でのハプニングや最後には感動が待っていましたしょぼん

いい映画なので機会があれば見て下さい

投稿者 協同組合事務局

12 月 25th, 2009 by ryoko | No Comments »
 

春の訪れ

先月の初めにベランダにプランターを並べて球根を植えたのですが、やっと芽が出てきました。
これから年末に向けて寒い日が続きますが、
来年の春が楽しみです。

投稿者 協同組合事務局

12 月 24th, 2009 by ryoko | No Comments »
 

ふたご座流星群

先日、夜道を歩いてると後ろから「今、流れ星キラキラを見たよ、何か良いことがあるかもハートって電話をしている女の人の声を聞いて、「ない、ない」と心の中で突っ込みながら、ふたご座流星群キラキラキラキラキラキラが見れる日だった事を思い出して、私も空を見ながらしばらく歩いていると・・・

なんと!!!目流れ星が・・・キラキラキラキラキラキラいえー

願い事が叶いますようににひひ

投稿者 協同組合事務局

12 月 22nd, 2009 by ryoko | No Comments »
 

師走

今年も残りわずか、クリスマスまで後少し、賑やかさと慌しさが合わさって師走の喧騒へと紡がれてゆく、しかし地球温暖化に逆らうように、ここのところの寒さはどうなっているんだと言いたいくらいに寒い。

コタツで丸くなっているのも良いが、家でじっとしているのももったいないので、しっかりと防寒着に身を包み、師走の街並みを寒さをのがれるかのように人波の中に紛れ込みウインドショッピングと洒落てみました。

真新しい商品が色とりどりに飾られていて、「これも良い、あれも良い」と目移りしてしまい、何が一番良いのかわからなくなってしまい、結局何も買わずに寒い思いだけして帰りました。

投稿者 協同組合事務局

12 月 21st, 2009 by ryoko | No Comments »
 

娘に子供ができ、我が家に初孫が誕生して、早や3ヶ月が過ぎました。
先週はその娘夫婦のところにお邪魔しました。
娘の旦那が出張で留守をいいことに家内は、孫見たさ、娘かわいさから、家事を手伝うという
理由で娘の所に行くことを決め、私も誘われました。
私も、通勤時間が短くなることや、早出があることから行くことに決めました。
孫も生まれた1ヶ月間は泣いてばかりという印象でしたが、今は私の声えかけに反応したり、
笑ったりで、無駄な泣きはなくとてもかわいいです。
目は澄み、頬はプチプチ、肌はつるつる新鮮そのものです。
孫が泣けばみんなが集まり、笑えば集まり、入浴するとき等は家族の協力体制バッチリです。
孫は我々夫婦にも会話を弾ませてくれますし、家族にも活力を与えてくれます。
孫の力はすばらしいと感じました。
というわけで、楽しく、活力をもらった1週間でした。

投稿者 協同組合事務長

12 月 18th, 2009 by ryoko | No Comments »
 

『犬の写真でも』

今年の漢字は、「新」に決まりました。
わが整骨院も今年の漢字を考えてみました。。。

どう考えても・・・この一字しか思い浮かびません。「暇」

暇で、治療所のベットで、だらだらしている僕の写真は何なんで。。

まぁ~犬の写真でも。。。

投稿者 協同組合委員

12 月 14th, 2009 by ryoko | No Comments »
 

読書

日頃、読書などしない私なのだが、ちょっと時間があったので何冊か読んでみた。
今読んでいるのは「小説 上杉鷹山」童門冬二著 この物語は、九州の小藩からわずか十七歳で名門、上杉家の養子に入り、出羽・米沢の藩主となった治憲(後の鷹山)は、破滅の危機にあった藩政を建て直すべく、直ちに改革に乗り出す。
高邁な理想に燃え、すぐれた実践能力と人を思いやる心で、家臣や領民の信頼を集めていった経世家・上杉鷹山の感動の生涯を描いた長編だが読みやすい本だ。
この歳になり読書することが楽しいことだとわかってきた気がする。偉人の半生を疑似体験でき、その物の考え方見方を学び、少しは自分も成長し良くなるだろうか。
読んでいて時間を忘れてしまう本、興味無く止めてしまう本、いろいろな本がある、もう若くない老眼で文字が二重に見える私だがこれからも読書を続けていこうと思う。

投稿者 協同組合委員

12 月 10th, 2009 by ryoko | No Comments »
 

こんにちは

12月5日 数年ぶりに映画を観てきました。

この、話題の2012です。 ストーリーの内容は怖過ぎるが、とにかく映像がすごい!

やっぱり映画館で見ると違う! この映画が現実にならないように祈ってます。

投稿者 協同組合委員

12 月 8th, 2009 by ryoko | No Comments »
 

2012

皆さんご存知ですか?

今、上映中の映画。 私もまだ見てないのですが、天変地異によって地球崩壊が始まる……と言うような内容で、この終末説の基になったのがマヤ暦( マヤ文明 )だそうです。

マヤ暦………マヤ文明………???

マヤは、メキシコで栄えた古代文明。高度な天文学を理解していたとか…。その中で5125年を1単位とする長期暦が2012年12月21日で最終日を迎える( 21日でなく23日と言う説も有り )と言うことで、最後の日になるのではないか?……と。

それに付け加えるように、

・その年に、惑星直列が起こり、21日は冬至にあたり太陽が天の川の中心に来る時期と一致する。

・太陽風で火山の噴火が誘発され、極の反転が起こり地球が逆方向に自転を始める。

などさまざまな仮説もあり……地球滅亡!?

でもその最後の文章にはこう書いてありました。
「この最終日と言うのはこれから新しい時代が始まると言う説も有る。」と
わたしは、信心深いわけでは、ありませんがこの手の話は結構好きです。
ちなみに『 2012 』の監督は、ローランド・エメリッヒ
代表作品は、『 インデペンデンス・デイ 』、『 デイ・アフター・トゥモロー 』など…。
      ……ああぁ~って感じでしょ!!

投稿者 協同組合委員

12 月 4th, 2009 by ryoko | No Comments »
 
大阪府柔道整復師協同組合