大阪府柔道整復師協同組合は、共同購買、教育情報、リース事業、福利厚生、保険、金融など、トータル的に支援します。

暇のニッパチ!講習会祭り

「暇のニッパチ」なんてありがたくない言葉がありますが・・・
そんなニッパチを吹き飛ばすべく、2月16日(日)に協同組合主催の「暇のニッパチ!講習会祭り!!」が開催されました。
まだまだ寒さの続く中、熱心な組合員さんが早朝にも関わらず、大阪柔整会館に集まって来られました。

午前の部「今考えること、分院かリフォームか さあ、どっち」
建築の面から考える柔道整復師の今後の戦略や、その可能性について講義が行われました。室内のリフォームやリノベーションの事例にとどまらない基本的な考え方から丁寧に教えていただきました。柔道整復師としての施術の方向性や個性を如何にして施術所内に反映させるかについ て、考えさせられました。

ランチョンセミナー「柔道整復師の先生だからこそできる治療の提案」
サプリメントからみた栄養をとることの重要性が叫ばれている昨今、栄養面からどのようにして患者へアドバイスをしていくかといった講義でした。

午後の部「KTテープ プロ セミナー」
「もう一枚の筋肉」ともいわれているKTテープ・プロの基本から実技までを踏まえた講義で参加された皆さんがKTテープを一生懸命に貼っていた姿が印象的でした。

どの講義も柔道整復師が生き残りを図るためには必要な知識や地力を養ってくれるものでした。また次回の参加をお待ちしています。

2 月 26th, 2014 by ryoko | No Comments »
 

大阪歴史博物館

まだまだ寒い日が続きます。とはいえ、寒さにも負けずに大阪城公園歩いてみました。
梅田から中之島公園を抜けて天満橋を経由して約1時間ほど歩くと大阪城の京橋口に着きます。
中之島公園や川の駅はちけんやは休憩場所としても最適なので、ゆっくりと歩いてみるのも良いでしょう。

川の駅はちけんやから天満橋と川崎橋を渡り、京阪電車をくぐり陸橋を渡れば大阪城公園の京橋口です。京橋口では狛犬が出迎えてくれます。


極楽橋から天守閣に向かうと観光客も想像していたよりも多くて驚きました。
天守閣を眺めて休憩をとってから馬場町に向かいます。馬場町にはNHKと大阪歴史博物館などがあります。かつて大阪城には難 波宮、石山本願寺も建っていましたが、これらは史跡として残っているものです。大阪歴史博物館はその難波宮の上に建っており、遺跡をのぞいてみることもできます。入場券を買ってからエレベーターで10階に上るとそこはかつての難波宮が再現されています。難波宮は平城京と平安京の間に存在していたようです。大阪の歴史の長さを感じることができます。10階~7階までが主な展示室となっており、難波の宮~石山本願寺~織豊時代~江戸時代~明治時代以降と時代別に展示されています。

大判小判のレプリカを触らせていただいたり、古い地下鉄のレプリカも展示されています。ちなみに地下鉄の足元にはプラットホームのタイルも再現されていました。できるなら、天守閣と歴 史博物館の両方を見学した方が良いと思います。


これからは梅も咲いてきますし、梅の後は桜も待っています。楽しみな時期です。

1 月 27th, 2014 by ryoko | No Comments »
 

初詣

平成26年を迎えてまずしたことは「初詣」!そんな方も多いのではないでしょうか。
毎年同じところばかりですが、参拝したところを紹介してみたいと思います。

まずは地元の服部天神からです。写真は絵馬だけですが、この大きな絵馬も正月の風物詩ですね!

つぎは清荒神です。境内には水掛地蔵が立っています。このお地蔵さんは暑いときも寒いときも参拝者に水をかけられています。
僕だったら「もうやめて~!」と叫びそうです。

そして門戸厄神です。いつも大きな提灯に出迎えられて参拝しています。厄年に参拝したか記憶は定かではありませんが、初詣のコースには入っています。

因島に帰省しましたが、因島でも初詣させていただきました。因島にも神社はたくさん鎮座していますが、氏神様である大山神社は必ず参拝します。
境内には耳の神様である「耳明神社」があります。相手の話を聴くことが仕事とも言える柔道整復師としては参拝しないとあかんかな・・・と思っています。

歩いたご褒美は・・・
門戸厄神のぜんざいと
因島のはっさく大福


完全に食べ過ぎました!

1 月 9th, 2014 by ryoko | No Comments »
 

閑谷学校

岡山県の閑谷学校をご存知でしょうか?

当時の岡山藩主池田光政によって創られた日本最古の庶民学校とされている学校です。
江戸~明治~大正~昭和~平成と現存するものです。創設当初の建物も数多く残っており、江戸時代を偲ぶことが出来ます。

敷地内には明治に建てられた校舎もありますが、これは資料館として解放されています。さすがに展示室内に机や椅子は残っていませんが、手紙や模型が展示されているので閑谷学校の歴史を知ることが出来ます。

学校といえば、なんとなく敷居の高い感じがありますが、子供の気分に浸ってみるのも良いでしょう。

学校からの帰りは播州赤穂駅前まで足を伸ば して「かき天ざるそば」を堪能して帰りました。校則を気にせずに寄り道できるのは大人の特権ですね!

12 月 16th, 2013 by ryoko | No Comments »
 

世界COPDデーイベント「肺の健康診断 ~測ってみよう肺年齢~」

COPDという言葉をご存知でしょうか?愛煙家の方々には少々きつい言葉だと思われますが・・・慢性閉塞性肺疾患という意味を持ち、息切れやせきたんなどの症状がみられる気管支炎、肺気腫やびまん性汎細気管支炎などの長期にわたり気道が閉塞状態となる病気の総称とのことです。

なかなかやっかいな病気であることは確かです。診断するためにはエックス線や血液検査だけではなく肺機能を検査する必要があります。「COPD」「肺年齢」や「肺の健康」などに関心を高めていこうと独立行政法人環境再生保全機構と吹田市が主催していたイベントにノルディック・ウォーク体験のお手伝いで参加してきました。

万博記念公園で開催されましたが、開演前からすでに長蛇の 行列でしたが主催者発行の入場券で開演前の万博公園をほんの少しでしたが歩くことが出来ました。本来ならばコスモスが満開でしたから、コスモスも愛でてみたかったのですがお預けとなりました。


肺の機能に関心を持ってもらうことはとても大事なのですが、肺機能を維持するためにも軽い運動が必要なことは言うまでもありません。ノルディック・ウォーク以外にもリハビリ体操なども行われました。肺機能測定はギネス記録樹立も目指していたみたいです。後日のギネス記録として認められていたとの報道がありました。

本来ならば紅葉が色づき始めた万博記念公園をたっぷりと歩きたいところでしたが、あいにくの曇天から雨天でした。天気が良ければノルディッ ク・ウォーク体験ももっと充実していたとは思うのですが、ほんのさわりだけでも体験してもらえたと自負しています。

ちなみに自身(42歳)の肺年齢は「36歳」で良好な結果でした。来年も開催されると思います。骨や肌などの「年齢」は関心が高いようですが、呼吸の要でもある呼吸器にも関心を持ちたいものです。

11 月 6th, 2013 by ryoko | No Comments »
 

仲秋の名月

仲秋の名月を満月で観られるのは珍しいようです。

そんな月を「月見酒」や「月見団子」とともに楽しまれた方も多かったのではないでしょうか?

施術所の前を電車が走っているので、電車とからめて写真にしてみました。

これから秋も深まります。徐々に暑さも抜けてくるでしょうから、体調の変化に気を付けたいものです。

10 月 5th, 2013 by ryoko | No Comments »
 

因島

久しぶりに因島に帰っていました。

ノルディック・ウォークの体験会を開催するべく、その下見を兼ねての帰省でしたが、台風のおかげで思うように歩く事が出来ずに雨天を想定した下見となりました。雨天の中大浜灯台と因島大橋を眺めに行きました。その後は水軍城や本因坊秀策記念館を見学しました。
水軍城は村上水軍の遺品や歴史にちなんだ展示がなされており、優美な景色で有名な瀬戸内の歴史の一面をうかがい知ることが出来ます。本因坊秀策記念館は囲碁の家元でもある本因坊秀策さんの生涯やちなんだ展示がなされています。囲碁で19連勝をされた時の棋譜なども残されています。因島は今では某バンドの出身地として有名になっていますが、因島出身の偉人は数多くいらっしゃるようです。


翌日は大山神社を参拝して帰りました。しまなみ海道を走る自転車が増えてきて、本殿のそばには自転車をお祓いするところが設けられています。また境内には「みみごさん」と呼ばれる「耳明神社」があります。柱を叩きながら「みみごさん、みみごさん」と参拝するとご利益があるようです。相手の話を聴かないといけない柔道整復師という職業柄帰省したときには出来るだけ参拝するように心がけています。

10 月 5th, 2013 by ryoko | No Comments »
 

池田健康フォーラム

台風直撃なんて報道されていた週末でしたが、池田市で行われた「池田市民健康フォーラム」にノルディック・ウォークの体験会の担当として参加して参りました。

早朝から公益社団の池田支部朝の指示の元、会員各自それぞれ担当部署の準備を行います。そうこうしていると開始時間となりました。雨天ではありましたが、多数の方が参加されました。メインは「介護予防施術」です。担当の会員さんは一生懸命施術をされていました。
ノルディック・ウォークの体験会も雨天と言うこともあり、初回は駐車場で、2回目はなんとか雨が止んでくれたので前庭の周回路で行うことができました。ポールを持って歩く姿をみながら質問をされる方も多数いまし た。体験会は準備体操~ノルディック・ウォーク~整理体操の流れで行いましたが、体力的には持病をお持ちの方からハイキングなどもこなされる方まで参加されました。各自のレベルにあわせることは難しいので、危険の無いように見守ることも指導員として大事な仕事となります。

3回目は申し込みが無く中止とさせていただきましたが、心地よい一日を過ごすことができました。ここから介護予防の動きが大きくなればいいな、と思いながら家路につきました。

9 月 3rd, 2013 by ryoko | No Comments »
 

盲導犬のヨナちゃん来館

天神祭本宮の一番暑いとされるこの日に公益財団法人関西盲導犬協会から盲導犬のヨナちゃんが大阪柔整会館に来館しました。京都から訓練員さんと共に元気にやってきたヨナちゃんは会館内の役員及び職員のアイドルになりました。

先日のOJTCゴルフコンペにて参加者の皆さんにご協力いただいたチャリティーから一部を関西盲導犬協会に寄付させていただきました。寄付金及び感謝状の贈呈がされている中でも訓練員さんの足元でとてもおとなしく、可愛らしかったです。

一連の自然災害の中でチャリティーに対する関心は高いと思われますが、日常のチャリティーが大切です。ゴルフに腕の覚えのある方もそうでない方もこのような形ではありますが、チャリティーイベントに参加されてはいかがでしょうか?皆さんの参加を心待ちにしています。

7 月 29th, 2013 by ryoko | No Comments »
 

地元の球場でプロ野球観戦

皆さんはプロ野球といえば「甲子園」「京セラドーム大阪」「ほっともっとフィールド神戸」などで行われる一軍の試合を観戦される方が多いと思います。
それらに対して二軍(ファーム)も毎年リーグ戦を行っています。そのファームの公式戦が豊中市の豊島公園内の「豊中ローズ球場」で開催されました。
豊中市でプロ野球の公式戦が初めて開催されました。まさか、地元の球場でプロ野球観戦が出来ることは無いだろうと思っていただけに、張り切ってチケットを買った次第です。
オリックスバファローズ対阪神タイガースの関西対決が観られるとあって前売り券は売り切れたようです。スタンドでは収容できないので芝生席も解放されていました。

淺利敬一郎豊中市長も試合開始前のあいさつや始球式と活躍されていました。マチカネワニをモチーフにした豊中市のキャラクター「マチカネくん」も登場していました。

ファームの試合の試合は地元の球場で開催されることもあるようです。これからのチームを支えるであろう選手達のプレーに声援を送りましょう!

7 月 5th, 2013 by ryoko | No Comments »
 
古い投稿 »
大阪府柔道整復師協同組合