大阪府柔道整復師協同組合は、共同購買、教育情報、リース事業、福利厚生、保険、金融など、トータル的に支援します。

春です

委員の岡です。


いよいよ、桜の開花宣言もされています。お花見もしたいものですが、まだまだ寒い日もあり、なかなか満開とまではいかずにお花見気分とまではいきません。

個人的な事柄ですが、久しぶりにCDを買いました。最近は買って帰ると、まずパソコンにインストールして携帯オーディオに落として聞いています。再生すること自体は簡単であるのですがなんとなく物足りない。CD1枚を再生するのに必要な時間はアルバムだと1時間前後、シングルだと20分位といったところでしょうか。
その時間を惜しみ、忙しさにかまけて移動の電車や車の中でなんとなく聞き流すことが多かったので、自覚の無いこと。
極端な場合には聞いていた、もしくは流れていた歌を覚えていないこともあります。歌詞カードを読みながら聴く時間が必要であることを改めて認識し、プレーヤーに掛けてじっくりと耳を傾けた次第です。
味わいという点ではかつてのアナログレコードにはかないませんが、小さいながらもジャケット眺め、歌詞カードを読みながら1枚のアルバムを聴く時間はリフレッシュにもってこいです。CDを買い、家でじっくりと聴く楽しみを見直した次第です。

さて、春といえば甲子園球場では選抜高校野球大会が開催されており、プロ野球も開幕となりました。もともとはバスケットボールをしていた学生時代に、30代に入ってからはテニスとハイキングに夢中になっていたこともあり、野球にはあまり関心がありませんでしたが、ハイキングに一緒に行く友人に甲子園に誘ってもらうようになってから観戦するようになり、その面白さを見直しました。

そこで、久しぶりに高校野球を見たくなり、甲子園に行きました。対戦カードは「立命館宇治―広陵」でした。立命館宇治は京都代表でしたので、アルプススタンドは最上段まで応援団で満員でしたが、広陵は広島代表であったためか応援団も控えめでしたが、しゃもじを使った応援がみられました。伴侶が広島出身なので、今回は広陵高校を応援しました。
阪急梅田駅が建て替え工事の真っ最中であったので、西宮北口から今津経由で甲子園に向かいましたが、これも同じグループ会社というメリットでしょうか、乗り換えが非常にスムーズでした。

その件の友人から京セラドームの「阪神―横浜」戦の誘いがあり、これも観戦してきました。結果は横浜先発の藤江投手の好投もあり、下柳投手は5回3失点の好投も報われず、打線の援護が得られずにあえなく敗戦でした。
藤江投手は堺市出身の入団2年目、敵ではありますが今後が楽しみです。この試合では桜井選手の見事なホームランを見ることができて、今季の楽しみが増えました。次の4番を打ってほしいものです。

見直しつながりですが、普段の鍼灸の施術では「1寸3分2番」という規格の鍼を使っているのですが、これを「1寸3分1番」に変更し、見直しました。
「1寸3分」というのは鍼の長さで約4センチメートル、「2番」「1番」というのは鍼の太さを示します。太さは0,02ミリメートル刻みで決まっています。この長さと太さの組み合わせで鍼のサイズが決まります。ちなみに今回は細い鍼に変更しました。

長さはもちろんその太さでも施術の感触が変わってきます。どの感触を好むかは個人の好みに左右されますが、一般に細い鍼はしなりやすく、太い針は硬くて曲がりにくいといえます。長くなると曲がりやすいので少し太めの鍼を使いますが、1寸3分では比較的短いので、強刺激と深刺しにこだわらなければ細い鍼でも充分に施術できます。

細い鍼だと逆に弱刺激の浅い鍼に向いているように思います。1番(0,16ミリ)は専門学校時代以来使うことはなかったですが、浅い鍼に使うことができるメリットを生かしてみたいと思います。

最近、いろいろな鍼灸の施術の方法が出てきていますが、改めて相手の体質を見極めて経穴の反応に対して素直に施術を行う基本を見直してみたいと思います。

投稿者 協同組合委員

3 月 31st, 2010 by ryoko | No Comments »
 

「ライフプラン―教育資金編」

暖かい日や寒い日が繰り返されていますね。
こんにちは、エイアイピーの三宅大士でございます。

最初に北河内ブロックの会員の皆様、先日はアンケートにご回答いただきまして、誠にありがとうございました。おかげ様で多くの非常に貴重なご意見を伺うことができました。今後のFP&リスクマネジメントサービス向上のために大いに参考にさせていただく所存でございます。

さて、本題に入っていきます。
前回、これからは「自己責任」の時代なので、自分自身でしっかりとしたライフプランを立てないといけなくなってしまったことをお伝えしました。

ライフプランを具体的に組み立てるうえで、重要なことは『人生の三大資金』をどのようなバランスで確保していくかということです。
それで『人生の三大資金』というのは、私たちのライフプランの中で多額のお金がかかり、重要性が高い①~③をいいます。

①教育資金 ②住宅資金  ③老後資金

今回は、①の「教育資金」について、お話していきます。
とりあえず、どのぐらい教育費がかかるのかを見てみましょう。

いかがですか、結構かかりますよね。オール国公立でも約1,000万円もかかります

教育資金は、住宅資金や老後資金と比べると必要となる時期や金額がある程度分かっているので、しっかりと準備しておきたいですね。
期待の「こども手当」や「高校授業料無償化」が実現しても、私学に行かせたり、大学に行かせたりすると、教育資金の負担がまだまだ重そうですね。
あくまでも私見ですが…(~_~;)

では、どのように準備すればいいのか。
それについては次回以降にしまして、エイアイピーメンバー紹介の二回目は東大阪ブロック担当ファイナンシャルプランナー谷川のご紹介です!!

担当FP谷川からひと言

「こんにちは、担当FPの谷川です。教育資金の積立方法で私からのワンポイントアドバイスです。
積み立てていく方法としては、

① たとえば銀行預金、元本は保証されますが積立途中に世帯主の方が亡くなられますと以降の積み立ては困難となります。

② 株、投資信託、外貨投資等は元本が保証されていないので積立のゴールがきまっている学資積立に向いているかは疑問 があります。

③ 保険を活用すると世帯主が亡くなる事態が起こったとしても保険金の支払いまたは保険料の支払いの免除があるという特殊があるという特性があり、目標どおりの積立が可能です。

以上でございます。今後とも、なにとぞよろしくお願いいたします。」

投稿者 エイアイピー㈱三宅大士

3 月 18th, 2010 by ryoko | No Comments »
 

周年行事

委員の岡です。

今年は、大阪社団が50周年を迎え、豊能ブロックも30周年行事を終えたばかりではありますが、いつも乗っている阪急電鉄も明治43年の創業以来100周年を迎えます。

記念行事が沿線で行われるようですが、施術所の目の前を走る宝塚線では車体にラッピングを施し、記念のヘッドマークを掲げ、しかも広告は全て阪急電鉄の歴史を紹介するポスターに変更した記念電車が走っています。たまにこの電車に乗るとたくさんの乗客がカメラを向けています。

孫さんを連れたおじいさんは「昔はこんな感じやったんやで」などと、昔の風景を紹介している様子が微笑ましいものです。

服部駅は服部天神の最寄り駅ですが、駅は元々服部天神の境内であったらしく、梅田行きのホームには「ご神木」である楠が立っています。まさしく「名木」といえるものです。

小さいときから乗り続けてきた阪急電鉄に思うことは、この長い歴史の中で変えるべきものは変え、変えてはいけないものは変えずに今まで受け継がれてきたことです。この姿勢は大いに取り入れたいものです。

現在も走り続けるこの姿を目の当たりにして思うことは、いつまでも、皆さんに頼りにされる存在であり続けたいと思います。

投稿者 協同組合委員

3 月 10th, 2010 by ryoko | No Comments »
 

「考えよう!!ライフプラン」

こんにちは、エイアイピーのブログ担当の三宅大士でございます。
今回は、少し真面目にライフプランについてお話していきたいと思います。

まず、ライフプランとは「どのような生き方をしたいか」という自分自身の価値観やニーズに合わせて、具体的に生涯の生活を設計することです。

なんか小難しいですね。

でも、昨今はライフプランの重要性がいわれています。

大きな理由は、もう国や会社に、私たちの生活を「おまかせ」する時代が終わり、「自己責任」の時代になってしまったからです。

つまり、年金問題をはじめ社会保障制度の抜本改革など、今まで私たちの生活を「おまかせ」していた国や会社が私たち一人ひとりの将来に責任を持つことができなくなってきました。

その身近な例では、公的年金です。
自分自身で公的年金記録を確かめなくてはならなくなりましたね。
皆様のところにも「ねんきん定期便」とか「ねんきん特別便」とか送られてきたはずです。

もう一度いいますが、これからは「自己責任」の時代です。厳しいですが…。

では、この「自己責任」の時代を乗り切るためにはどうすればいいか。

周りに聞こえてしまうので、小さな声で言いますね(笑)

それは、ファイナンシャルプランナー(FP)と一緒にしっかりとしたライフプランを立てることです。
思い切って、FPに相談しよう!!

ということで本日はここまでです。

次回は、「ライフプラン―教育資金編」をお送りします。

あと、FP&リスクマネジメント会社のエイアイピーのメンバーを紹介していきます!!

今回は、まず代表取締役の樫原からひと言

「会員の皆様、こんにちはエイアイピーの樫原と申します。
日頃は大変お世話になりありがとうございます。
さて、私たちFPは、皆様とご一緒にライフプランや保険相談のお手伝いをさせていただき、お役に立てればと思っております。ご遠慮なくご相談頂ければ幸いでございます
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。」

投稿者 エイアイピー㈱三宅大士

3 月 1st, 2010 by ryoko | No Comments »
 
大阪府柔道整復師協同組合